FF11小さな冒険者ぽこらの日々の記録


by pokoraff11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

バストゥークMissionRank4

4-1 魔晶石を奪え
最近、まことしやかに囁かれる「闇の王」の噂。
ダボイ、ベドー、オズトロヤに巣くう獣人たちが企む闇の王復活。
鍵を握るのは3つの「魔晶石」。
獣人たちの計画を阻止するために魔晶石を奪え!
b0070876_21382628.jpg
バストゥークMission4-1は、闇の王の復活を阻止するために、ジュノ大公カムラナートの指令で魔晶石の探索に出かけます。このミッションも三国共通ミッションになっていて、初めてクリアした時の報酬は「飛空艇パス」です。また、三国ミッションの前半部「闇の王」編では、鍵となるストーリーが展開されます。なのでとても思い出深いミッションですね。初めての時はゆっくり見られなかったイベントシーンも今回はじっくり鑑賞しました。

b0070876_21441810.jpg
ダボイ、ベドー、オズトロヤの獣人拠点の奥深くに、魔性石はあります。






b0070876_21511999.jpg
これが魔晶石の力なのか?
石に触れると何者かの封印された記憶が脳裏に浮かび上がってきます。





・ダボイの魔晶石・メノ石
b0070876_2153878.jpg
北の大地に眠る不思議な力を調査するために結成された三国調査隊。
サンドリアからはフランマージュが派遣された。
しかし、はかばかしい成果を挙げられず
事故で不明者を2名出して調査は中止となった…。
場面は変わり帰国後フランマージュは怪死する。
あれは本当に事故だったのだろうか…。

ベドーの魔晶石・クノ石
b0070876_21544741.jpg
三国調査隊の真実。
憎しみのこもったウルリッヒの剣がラオグリムを貫こうとしたその時
コーネリアは、その身を犠牲にしてラオグリムを守ろうとする。
コーネリアの死。その時ラオグリムの心は憎悪で満たされる。

オズトロヤの魔晶石・ミノ石
b0070876_21555361.jpg
クリスタル大戦末期、敵軍はついにサルタバルタに至り
多くの命は消えウィンダスはまさに滅亡の時を迎えようとしている。
最後の希望はカラハバルハの召喚魔法。
カラハバルハの命と引き換えにウィンダスは守られた。
そして現在、あの時と同じように星の御子は滅びの予感を感じている。
しかし、カラハバルハは、もういない…。

b0070876_1114473.jpg
もうすでに目覚めている、世界の終わりに来る者は……。
憎しみ、おそれ、なたみ、傲慢、無知……災いが、
あまねくヴァナ・ディールをおおう。
俺を目覚めさせたのは、おまえ達人間だ。
今度こそは、決着をつけてやろう。
人間の歴史は終わる……。
この地ヴァナ・ディールを、人間どもの墓場としてくれる!

三つの魔晶石を全て集め終わった時に
その行為をあざ笑うかのように現れた「闇の王」の幻影。
まさか、闇の王の力は本当によみがえっているのか?
[PR]
by pokoraff11 | 2007-05-22 21:46 | その他