FF11小さな冒険者ぽこらの日々の記録


by pokoraff11
カレンダー

2007年 03月 24日 ( 2 )

(前章までのあらすじ)
無手の傀儡師アフマウが失踪した…。
宰相ラズファード直々の捜査指令が下されエジワ蘿洞へと向かう。
エジワ蘿洞にて、不滅隊隊員リシュフィーに出会う。
アフマウは既にここにはいない、ワラーラ寺院へ向かえとの指示。
かくまわれていたアフマウを確保しようとするが彼女のペースに巻き込まれて、
リシュフィーと共にアヴゼンを探しにマムークに行くことに…。
b0070876_1805550.jpg
マムージャの根拠地「翡翠廟」では
アヴゼンの対処について僭主、四天王が集まって合議している。
そこに現れたのは、なんとゲッショー。
皇国の恐るべき計画を潰すために、東方と西方による二方面作戦を提案。
ここまで話を聞いたところでマムージャ達に見つかる。

b0070876_1841199.jpg
グルルゥルルル…臭う…臭うぞ。
鱗なき者どもの…臭いだな。

騎龍王、よ。
南方帰りの、うぬが、
乗龍の、術。期待して、おる、ぞ!



b0070876_18133654.jpg


…オオオ!
オマカセ、アレ…!





騎龍王とBFでの戦闘が始まります。敵は騎龍王ガヒージャ1体。
b0070876_1841391.jpg
こちらは忍戦狩詩赤の6名と戦力十分。
騎乗タイプの敵ってFF11で初めてですよね。今回のVer.upで登場したサイみたいなモンスターに乗っています。騎乗タイプなので巨獣の直接攻撃とガヒージャの遠隔攻撃の両方があります。ガヒージャはナイトタイプでフラッシュ、ホーリー、ケアルIVを使います。弱体は、スロウ、スリプル、ポイズンは入りませんが、サイレス、パライズは入ります。また後ろからタゲを取ると巨獣の尻尾攻撃があるようです。特殊な挙動としてはヘイトリセットがあり、プレイヤーの名前を挙げて、そのプレイヤーに向かってきます。
Lancelord Gaheel Ja : Pokora!次ハ、テメェノ番ダァ~! ハッハア~!
こんな感じです。
後半、ちょっと暴れます。WS、精霊魔法で押し切ってしまいましたが、少人数だとちょっと大変かもしれません。3分程度で倒しました。
b0070876_1840162.jpg
騎龍王ガヒージャを倒してイベント。

アフマウはとアヴゼンはメネジンを助けようとしますが、そこにルザフが現れて2体の人形を収集し魔方陣へ。アフマウもそれを追いかけます。
そこへ僭主が呼び寄せたマムージャの大群が…。
ぽこらにアフマウを追わせ、決死の覚悟で一人残るリシュフィー…。
b0070876_18532886.jpg
圧倒的な敵に対して、たった一人で対峙するリシュフィー…。
b0070876_18553423.jpg
その運命や、いかに…。
[PR]
by pokoraff11 | 2007-03-24 14:43 | ・アトルガンの秘宝
前回(2006.10.19)から少し間の開いてしまったアトルガンミッションのダイジェスト版です。当然ネタばれなので注意して下さいね。

・山猫傭兵編(2006.4.18)
b0070876_2029036.jpgサラヒム・センチネルの傭兵募集にのってアトルガン皇国へとやってきたぽこら。ナジャ社長に詐欺同然の手口で傭兵契約を結ばされ、傭兵生活がスタートする。会社の利益のため、ナジャ社長の個人的な欲望のために東奔西走する毎日…。でも、ライファル、ゲッショーという傭兵仲間もできた。


b0070876_4452141.jpgライファル(実はトリオン王子)と知り合いになったことからアルタナ4国の臨時会議に参加することになり秘密エージェントとしての任務を負うことになる。





・アルザダール海底遺跡編(2006.8.2)
b0070876_22312076.jpg
サラヒム社に戻ると聖皇直々の指名があり、アルザダール海底遺跡の巡視に出かける。そこで意外な人物、オートマトン工房のガッサドに出会う。皇立文化財調査事業団の顧問錬金術師が彼のもう一つの顔だ。調査団の失われた魔笛探しを手伝うことになり、魔笛指向儀を預かる。(ぽこらがアルタナ4国に通じていることを、既に聖皇、宰相ラズファード、不滅隊は知っている。しかし何かの目的のために泳がされている。魔笛指向儀は鈴の役目を果たすようだ。)

・幽霊船調査編(2006.8.2)
b0070876_22302864.jpg
巡視を終えて、社に戻ると幽霊船の正体を暴けと聖皇直々の勅命が下される。近年皇都での亡霊、幽霊船の出現が噂されるようになった。最近では、200年前に滅びたイフラマド王国の英雄ルザフ王子とその旗艦ブラックコフィン号が現れたとの噂があり真相を探ることが目的だ。ナシュモのキキルンからの情報を得て、カダーバの墓地へ。
b0070876_493427.jpg墓地では、イフラマド王国の亡霊と戦闘。イフラマド金貨を手に入れる。社に戻るとゲッショーがドゥブッカの西に禍々しい妖気を感じているとの情報。ドゥブッカの西、アラパゴ暗礁域へ向かう。暗礁域の船着場から小船に乗って幽霊船へ。既に船に潜伏していたゲッショーと共に亡霊たちと戦闘。亡霊を率いる船長をあと一歩のところまで追い込んだところで、ナシュモに飛ばされる。

b0070876_2235884.jpg船の正体は、ブラックコフィン号、船長は復活したルザフ王子に違いない。皇都に戻り、幽霊船調査の報告のため皇宮に招かれる。任務報告後、「グローリークラウン」を報酬としてもらうが、社長に没収される。



・カラババ様編(2006.10.19)
b0070876_4341946.jpg
ウィンダス連邦から特命全権大使としてカラババ(シャントット)がやってきた。だが歓迎セレモニーが開かれるはずだった港は、人形同士の意地の張合いで修羅場と化してしまう。(カーディアン King of Heartsにメネジンがのされる。)カラババも不滅隊の案内を無視、独断で活動を開始する。サラヒム・センチネルを訪れたカラババにより、ぽこらは現地ガイドを務めることになる。

b0070876_4315825.jpg現地ガイドとなってカラババをエジワ蘿洞に案内するが、そこでアフマウとアヴゼンがキキルンにからまれているのを見つける。カーディアンの範囲魔法でキキルンを追い払うが、その後、アヴゼンとカーディアンが喧嘩となり、カーディアンのファイガIVでアヴゼン、アフマウは、のされてしまう。ぽこらも巻き添えに…。その間にアヴゼンが何者かによって連れ去られてしまう。

b0070876_2075923.jpg現地ガイドの役目は失敗したが、再びカラババ一行のために働くことになる。今度の役目は、ナバゴ処刑場に向かう一行の護衛だ。ナバゴ処刑場では、モブリンMegomakにアトルガンの秘密施設「ハザルム試験場」から盗み出した胚を使って作られたキメラ13号をけしかけられる。ぽこらはカラババと共に戦い勝利する。カラババは、アトルガンを糾弾する国際世論を盛り上げるための材料を集め魔笛が危険な代物であることを再認識しウィンダスへと帰っていった。

to be continue…
[PR]
by pokoraff11 | 2007-03-24 04:58 | ・アトルガンの秘宝